goo住宅・不動産

明るくて見やすい不動産情報サイト

「goo住宅・不動産」は、大手ポータルサイトのひとつである「goo」が提供する不動産情報サイトですが、運営は「NTTレゾナント」という企業が行っています。
トップページに必要な情報が網羅されているので、すぐに知りたい情報にアクセスすることができる上、画面全体が明るくて見やすいので、年齢を重ねた方でも手軽に物件情報を検索することが可能です。

引っ越しが決まっている人は、引越し業者に一括で見積もりを出せたり、学生向けなど用途に応じた条件でまとめているなど、ユーザーがすぐに必要な情報を得られるよう配慮してあるのもポイント。
賃貸住宅に居住する予定の人は、できるだけよい物件を手頃な家賃で借りたいと考えるものですが、知らない土地に引っ越す場合、家賃の相場がわからなくて困ってしまうこともあります。
そんなとき、goo住宅・不動産は家賃の相場を見ながら物件を探せるので、こちらもとても便利です。

goo住宅・不動産を利用するポイント

物件情報がとても多く、イメージ画像も豊富なので真剣にマンションを探している人にぜひアクセスしてほしいサイトですが、利用においていくつかのポイントがあります。

ひとつは、希望の条件で絞り込むにあたり、選択する画面がページの下部にあるという点です。
多くのサイトではまず地域で検索した後、間取りや家賃などで絞り込む際にページの上部や左右にありますが、goo住宅・不動産では下部にあるため、一覧が表示をずっと下に送ってからさらに絞り込む形になります。
パッと見ると上部にあるような印象を受けるので、絞りこみ画面を探す際に戸惑わないように気をつけましょう。

さらに、希望条件のチェックボックスをチェックすると、該当件数が絞り込まれて件数表示が変わるのですが、件数表示は変わっても、実際には絞りこまれていない点にも注意が必要です。
Yahoo!不動産などはチェックを入れた時点で情報が更新されるのですが、goo住宅・不動産は条件を入れて、検索ボタンを押して初めて絞りこまれます。
件数表示が変わるため、一瞬物件一覧も変わったように思ってしまいがちななので気をつけてくださいね。

また、goo住宅・不動産では地域でソートした後に、となり町など該当地区以外の物件が表示される場合があります。
地域にこだわっている人は、住所を確認しないととなり町の情報を見ていることがありますので、こちらも注意しましょう。

物件一覧を表示する際、テキストでの表示と間取り図が一緒に表示される表示方法の2つが選べます。
テキスト表示のほうがひと目で家賃などを比較しながら物件情報を見ることができますが、間取り図付きは間取りを先に確認できますので、ファミリー向け物件を探している人には便利です。
ぜひお好みの表示方法を利用してみましょう。

カテゴリー: マンションが探せる不動産サイト | goo住宅・不動産 はコメントを受け付けていません。

HOME’S

不動産業者の運営する情報サイト

「HOME’S」は、不動産を専門とした事業を展開している企業が運営する情報サイトです。
トップページを開くと、多くの不動産情報サイトはさまざまな情報と一緒に物件検索の画面が表示されていますが、HOME’Sのサイトはまず希望条件をクリックする画面になっており、「物件を探す」ことを目的としている人に向けたサイト構成となっています。

HOME’Sの利用しやすいポイントは、同じ物件で数戸の空きがある場合、1つの物件情報にまとめて空室情報が掲載されている点です。
ほかのサイトでは、1室ごとに物件情報がわかれているので、掲載数がかなり多い反面、「これはさっきの物件と同じ」と何度も同じ物件を見なければなりませんが、HOME’Sでは物件ごとに掲載されているので、効率よく情報を見ることができます。

また、物件情報の下部にその物件がある街の情報がかなり細かく掲載されているのもポイントです。
その街は都道府県内のどこに位置するのか、利用できる沿線、保育関連情報などが細かく書かれているので、転勤などで知らない土地に引越す必要のある人にはとても助かるのではないでしょうか。

利用したいサービスを決めてからアクセスしよう

多くの不動産情報サイトでは、物件情報の周りに別の情報がいろいろとリンクされています。
例えば引っ越しの際のノウハウだったり、物件の見方など、ちょっとほかの情報が知りたいという時にすぐそこにシフトできるのですが、HOME’Sはこうしたお役立ち情報はトップページから入るようになっているので、物件情報からスムーズにシフトすることができません。

物件探しの前に、引っ越しに関する情報が知りたいという人は、まずはトップページからその情報を得た上で、再度トップページに戻って物件を検索するといった流れになります。物件情報からほかの情報にシフトすることができないわけではないのですが、リンクがわかりにくいため、HOME’Sで自分が得たい情報は何かを絞った上で、トップページからアクセスしてみましょう。

それぞれの物件情報には担当不動産業者とその担当者のプロフィールが掲載されていて、どんな人がこの情報を管理しているのかということがよくわかるようになっています。
担当者の画像もついているので、いざ物件を見に行く時もどんな人と会うことになるのか事前に確認できるのは助かりますよね。

ほかのサイトと操作方法が少し異なりますが、物件を探すという目的がしっかりしている人にとっては、とても使いやすくほしい情報をきちんと得ることができるサイトですので、マンションを探している方は、ぜひHOME’Sにもアクセスされることをおすすめします。

カテゴリー: マンションが探せる不動産サイト | HOME’S はコメントを受け付けていません。

楽天不動産

大手IT企業の運営する不動産情報サイト

「楽天不動産」は、ショッピングサイトとして有名な「楽天」が運営する不動産情報サイトです。
賃貸住宅はもちろん、分譲住宅にも対応しており、幅広い不動産情報を得たいという人に多く利用されています。

IT企業としても名高い楽天ということもあってか、その情報量は秀逸で、マンションの物件情報数はほかの不動産情報サイトと比較しても引けをとりません。
ほかのサイトで見つけられなかった物件を見ることもできる上に、掲載している不動産業者も物件情報をより詳しく公表しているので、遠方からの転居を検討している人も、より身近な感覚で情報を見ることができると思います。
気になる物件が複数ある場合は、一括で問い合わせができる機能がついており、より多くの物件を比較検討したい方も便利に利用できそうです。

また、不動産情報サイトの中には間取り図しか掲載されていない、または一切のイメージ画像がない物件情報を掲載しているところもありますが、楽天不動産ではほぼすべての物件情報がイメージ画像をつけています。
やはり実際の画像がないと検討しようがありませんし、特にすぐ現地に行くことができない人にとって、画像表示はとても重要。
こうした情報に関する配慮をしっかりとっているところも、さすがの楽天といったところです。

情報量は多いが使いにくい面も

希望する情報で物件を絞り込むなどの、基本的な機能についてはすべて揃っていますが、ほかの不動産情報サイトと比べると少し見にくい面があったり、使いにくさを感じることもあるかもしれません。

トップページから地域を絞る画面や、実際の物件表示のレイアウトなどがほかの不動産情報サイトと比べるとシンプルなので、少し心もとないような印象を持ってしまいますが、条件項目のチェックボックスをクリックすればすぐに絞込が行えるなどの便利な機能があるので、実際に使ってみればさほど不便さは感じないはず。
保持している物件情報も充実しているため、ほかのサイトと比較しながらチェックしてみるとよいと思います。

希望する物件を検索すると、その周辺地域の物件情報が表示されるのはほかの不動産情報サイトと異なるポイントです。
ほかのサイトは、物件を検索すると同じ地域で同条件の物件が表示されますが、楽天不動産ではとなり町の物件が表示されるので、絶対にここ!と決めているわけではないのであれば、表示された物件もチェックしてみてはいかがでしょう。

楽天不動産を利用することで、楽天ポイントの付与されるサービスもあるようです。
楽天のほかのサービスを利用しているのであれば、楽天のIDでログインしてから利用をすると、うれしい特典がついてくるかもしれませんよ。

カテゴリー: マンションが探せる不動産サイト | 楽天不動産 はコメントを受け付けていません。