鍵の不安を一掃

住民は鍵に不安を感じている

376ea2fcaea5999dca6f4bb5e12f7396_s大家としてマンションを管理するならば、住民の不安を取り除くことが大切です。
住民が常に快適で何の心配もない生活を送れるようにサポートすることが大家の役目だといえるでしょう。
大家がきちんと役割を果たしていないと、そのマンションの住民は不満を抱えて、最悪の場合は出て行ってしまう可能性もあります。

住民が特に不安に思っていることの一つは鍵についてです。
鍵は防犯のために欠かせないものです。
鍵をかけることによって、外部から室内に泥棒が侵入するのを防ぐことができます。

大家はマンションのそれぞれの部屋の鍵の状態を把握しておく必要があります。
また、住民から鍵についての要望があれば、それに対応しなければいけません。

鍵に対する不安を取り除く

c02c8eba9866171b5745b95cf33b2e67_s鍵に対する不安の一つとして、その部屋の鍵がきちんと交換されたかどうかがあります。
たとえば、空き部屋に新しく入居してくれる人がいたとして、その部屋の鍵が以前のものと変わっていない場合、入居者はとても不安になってしまうでしょう。
前の住民がスペアキーを作っていた場合、鍵が交換されていなければ、そのスペアキーで鍵を開けることが可能となります。

実際に前の住民が自分が過去に住んでいた部屋にスペアキーで入って、金目の物を盗んだり、犯罪行為をしたという事件は存在します。
このような事件を防ぐための方法はただ一つであり、それは鍵をきちんと大家が交換することです。
空き部屋ができたら、その時点で鍵を交換しておけば、前の住民が入り込むのを防ぐことができます。

また、住民からスペアキーを作成して欲しいと頼まれることもあるでしょう。
この場合は、すぐに対応することが大切ですが、注意点としては、その入居者との賃貸契約が終わった時には、スペアキーをきちんと返してもらうことです。
部屋の鍵は必ず受け取ることになるのですが、スペアキーを受け取るのを忘れるケースが多いため気をつけましょう。

マンションの大家をしていると、鍵に関するさまざまな作業をしなければいけない時があります。
そんな時に気軽に仕事を依頼できる会社として、美和ロックサービス代行があります。
マンションの管理人をしている方はぜひとも利用しましょう。
>>MIWAロック代行店 鍵交換・修理のサンリビン

他にも住民から鍵についての対応を迫られることは頻繁にあります。
たとえば、鍵を失くしてしまうケースもあります。
この場合はマスターキーを使って鍵を開けてあげて、その部屋の新しい鍵を後日用意して渡すことになります。

泥棒が部屋に入ったため、鍵を交換したいという方もいるでしょう。
他にもさまざまなケースで鍵について対応しなければいけない場面があるのですが、住民が安心して暮らしていけるように、できるだけどのような事態にも対応しましょう。

カテゴリー: 住民の安心要素 パーマリンク