そもそもマンションとは?

マンションとは

日本では共同住宅としてマンションやアパートが多数存在しています。
実際にこれらの住宅で生活をしている人はたくさんいるでしょう。
しかし、意外とマンションについて確かな知識を持っている人は少ないです。

そもそも、マンションとアパートの違いについて理解している人もあまりいないでしょう。
それでは、マンションとは一体どういったものなのか、分かりやすく説明します。
マンションという言葉でどのようなものを表しているのかは国によって異なるため、日本におけるマンションについて解説しましょう。

日本でマンションは、大規模な共同住宅であり、独立して住居のために用いられる各室を有するものとなっています。
一方、アパートはマンションと比べて小規模であり、構造が軽量鉄骨造や木造であるものを指しています。
マンションの場合は構造が鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートとなっています。

近年は都心の地価が下落したことから、都心部にたくさんのマンションが建設されています。
地方にもマンションは存在しますが、都市部の方がその割合は大きいです。
日本には2009年末時点で約562万戸ものマンションが存在しています。

マンションの特徴について

マンションには色々な分け方があります。
たとえば、家族が暮らすことを想定したファミリー型と、単身者向けのワンルーム型があります。
他にも、短期賃貸マンションやリゾートマンション、ペット共生マンションなど用途別に細分化されたマンションが存在します。

マンションの特徴は高い建物がたくさん存在することです。
当初はアパートとほとんど変わらない低層のものが多かったのですが、しだいに高層化が進んでいき、現在では超高層マンションが都市部を中心に日本中にあります。
振動や強風などに対応するため、構造は鉄筋コンクリート造が基本となっています。

マンションごとに設備や外観などに特徴があります。
駐車場だけではなく、花壇が設置されていたり、子供の遊び場のあるマンションもあり、多様です。
駐車場や駐輪場のスペースに困っているマンションが日本には多いです。

マンションでは入居者がそれぞれ各室を専有して住まうことになるのですが、各室はそれぞれ隣り合っており、上下階にも住民が住んでいることが多いため、トラブルが発生することがあります。
特に騒音によって、トラブルが起きることが多いです。
現在は防音技術が向上しているため、昔ほど騒音に悩まされることは少なくなりましたが、共同住宅であることを意識して、騒音に注意して生活することが大切です。

マンションには管理組合があります。
マンション内の住民は管理組合に加入する義務があります。
主に共有部分について関わることになります。

日本におけるマンションの特徴について説明してきました。
これからも日本ではマンションがたくさん建設されて、多くの人が生活するでしょう。