2014年設立!虎ノ門ヒルズレジデンス

虎ノ門ヒルズレジデンスとは

2014年の6月11日に超高級マンションであり、ホテルやオフィス、店舗なども入っている虎ノ門ヒルズが開業しました。
日本設計と大林組が設計と施工を担当しました。
虎ノ門駅から徒歩5分の立地となっています。

虎ノ門ヒルズの特徴として、環状2号線が地下を通過します。
六本木ヒルズにも使われた手法です。
虎ノ門ヒルズレジデンスにはたくさんの魅力があるためそれらを紹介しましょう。

虎ノ門ヒルズレジデンスの魅力

まず、虎ノ門ヒルズの47階から52階にはアンダーズ東京というホテルが入っています。
51階にはラウンジとダイニングがあり、客室は47階から50階にあります。
52階にはカクテルを楽しめるオープンエア空間があり、チャペルも設置されています。

37階にはスパがあり、51階から52階にはイベントスペースやミーティングルームもあります。
これらの部屋からは東京の素晴らしい絶景を満喫することが可能です。
このように住居以外の部分でも恵まれているのが虎ノ門ヒルズの特徴です。

住居フロアは37階から46階に存在していて、総戸数は172戸となっています。
半分が分譲であり、半分が賃貸です。
住居フロアに居住している人はなんとアンダーズ東京のランドリーサービスやルームサービスを受けることが可能です。
ホテルのサービスをそのまま受けることができるマンションはとても珍しいです。

40階に設営されていたモデルルームについて紹介しましょう。
面積は139.60平米であり、角部屋の西向きで2ベッドルームです。
賃料は月額162万円となっています。

まず景色がとても良いのが特徴であり、特に皇居方向には素晴らしい景色が広がっています。
間取りも印象的であり、マスターベッドルームにはなんとバスが用意されています。
シャワーブースには扉がなく、東京の景色を見下ろしながらシャワーを浴びることが可能です。

日常生活の中に都心の風景が組み込まれており、心身をリラックスさせるでしょう。
室内の設備や調度品などはすべて高級感あふれるものとなっており、高級マンションとして良質な部屋となっています。

虎ノ門ヒルズの下層階にはレストランやショップがあるため、住民は気軽に利用することができます。
周辺は東京オリンピックの際にはとても重要なエリアとなるため、開発が進められています。
都心の中でも交通の便の良い立地であり、快適な生活を可能にします。

虎ノ門ヒルズは誰でも気軽に入居できるわけではありません。
そもそも、100万円を超えるほどの賃料を問題なく支払い続けられる人は相当限られているでしょう。
だからこそ、素晴らしい高級マンションとして存在感を放っており、都内に住んでいる人の憧れの的となっています。

いつかは虎ノ門ヒルズのような高級マンションでの生活を満喫してみたいものです。
そのような夢のあるマンションが虎ノ門ヒルズです。

カテゴリー: 東京都内の素敵なマンション パーマリンク