ベランダでガーデニングを楽しむには

まずは管理規約を確認しよう

マンションのベランダで、ガーデニングをしたいと思うこともあると思います。
ガーデニングで植物などを育てるのはとても楽しいものですが、実は周りに住む人へ迷惑をかけてしまうことがあります。

植物を育てていると、そこに虫が寄ってきやすくなります。
すると自分のベランダだけでなく、隣や上下階の部屋のベランダにも、虫がわきやすくなってしまうのです。
あまりガーデニングに夢中になってしまうと、知らないうちに周辺住人とトラブルになってしまうことがあるため、前もって気をつけるべきなのです。

そこで確認しておくべきなのが、「管理規約」です。
管理規約では上記のようなトラブルを未然に防ぐために、管理規約でベランダを使っての植物の栽培やガーデニングを禁止していることがあります。
これを確認せずにガーデニングを行っていると契約違反になり、管理会社やオーナーから注意されたり、費用を支払う必要が生じたりします。
管理規約を必ず守って、ガーデニングを楽しみましょう。

ガーデニングは土や肥料をしっかり選ぶことが大切

ガーデニングでは花や植物を育てますが、きれいな花や植物に成長させるには、土や肥料をしっかり選ぶことが大切です。
土に関しては、種類を把握しましょう。
ガーデニング用の土には種類があり、赤玉土や培養土、腐葉土などがあります。
これらそれぞれで特性が異なり、育てたい植物などの種類によって適するものが違います。

土の種類はほかにもあるため、まずはひと通り把握しましょう。
そして自分が育てたい花や植物にどの土が合っているのかを調べてその土を購入すれば、しっかりとガーデニングをすることができます。

また、肥料選びも大切です。
肥料も種類があり、含まれている栄養素が異なります。
また、一般的に値段の高い肥料のほうが、より栄養分が豊富に含まれています。
自分の予算とも相談して、育てたい植物などに合う肥料を選ぶことが大切です。

初心者は、育てやすい植物を選ぶのもおすすめ

ガーデニングをこれから初めて楽しもうと思うなら、まずは育てやすい植物を選んでみるのもおすすめです。
種類によってはこまめに水やりや日当たりの管理をしないと、すぐに枯れてしまうことがあります。
育てやすい植物ならそれほど手間をかけなくても、しっかりと成長してくれます。

育てやすい植物として代表的なものに、まずはガジュマルがあります。
ガジュマルは別名チャイニーズバンヤンや多幸の樹と呼ばれ、沖縄が原産地の植物です。
育てやすく、大きく成長すると、力強く鮮やかなグリーンの色合いに育ちます。
ガジュマルは庭で育てるのも良いですが、部屋のインテリアとしてもしっかりマッチする植物です。

ガジュマルの木がひとつあるだけで、部屋がよりおしゃれな雰囲気になるため、さまざまな形で楽しむことができます。
初心者の方はぜひ、ガジュマルの栽培を検討してみてください。

カテゴリー: マンション内のトラブル パーマリンク